あたらしい職場で今までに身に付けたスキル・キャリア生かせたとしたら・・

新しい環境下で今までに身に付けた資格やキャリアを活用できれば…

新しい勤め先で、過去の実力をフル活用できれば、即戦力として仕事を任してもらえ、割と早く仕事場にも馴染めるはずです。それはつまり雇い主としても大いに助かると言うものです。タイミングさえうまくいけば、簡単だといえます。しかも、今までの業務内容と同じような業務内容なら転職はかなり楽になるでしょう。とは言っても、それなりに能力があるといっても大手の事務系の業務や、公務員系(国家・地方ともに)は時代や景気に左右されることなく中々の競争率になることを肝に銘じておきましょう。

転職のための採用面接に転職希望の会社へ伺ったときのことです。

転職のための面接にある会社に赴きました。たまたま会社内の面接をする部屋が空いていないということで外の会場で採用担当者と待ち合わせて面接が行われて、その場で解散ということになり、面接を行った方もそのまま直接自宅に向かうとのことでしたが、驚くことに下りる駅が私と一緒だったのです。なので電車の中でもずっと話しながらいっしょに帰宅することとなり、緊張が解けて話が盛り上がり、それがプラスになったのか何事もなく採用を勝ち取りました。

20代までに転職2回で、そして今、資格を取る目的で「派遣社員」で勤務しています。

私はこれまでに20代で転職を2回した為、今現在は複数の資格をとるために、派遣社員になりました。フルタイムの勤務とは異なるため、毎月の収入が以前よりも少なくなりました。以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生時代にいくつか資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。また、実際に、そういった人を見る度、無性に羨ましく思います。昔の私は、成功している人と自分とのギャップに悩んでしまう日もありました。しかし現在では、結婚してから、私の生活環境が大きく変わり、以前よりも将来の目標も決まり、しあわせな生活を送れるようになりました。

年内中に転職される人で次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は・・

近いうちに転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、できれば「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当てはあなたが働いている会社側がきちんと「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れることもあります。なお、失業手当の金額は最後となる月の給料を基準にして失業手当の金額を計算されるため、「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

今日、ネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの専門業者をよく見かけるようになりました。特許を取った経験のある人は、連絡が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人だけでなく、研究開発で論文を発表した実績のある人や、メディアで話題になった人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと疑われることを言われた場合は、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。稀にヘッドハンティング名目として、登録料を請求する会社もあるらしいですが、おそらくは詐欺なので、相手しないのが賢明です。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が支払うものではありません。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました